光洋自動機株式会社 次代を駆けるラベリングマシンのファーストランナー

専門に特化したラベリングマシンを駆使し、業務効率を大きく改善する

ロールラベラー

ロール状に巻かれたラベルを、1枚ずつ切断または打ち抜いて糊を塗付してラベリングし、異種ラベルの混入、裏貼りミス等もなく、ラベルにおけるコストも安価になります。多くのパテントを採用し低速機から超高速機(1500bpmまで実証済み)まで、安定したラベリングを実現します。
ロールラベラー

タックラべラー

繰り出し精度の高さや高速回転での正確なラベリングを実現し、医薬品メーカーへの豊富な納入実績により、後工程への不良品流出防止やヒューマンエラーの発生しにくいシステムの構築など、GMP基準に則した機構が取り入れられています。
タックラべラー

ヒートラべラー

熱源を利用して、ラベル裏面に塗布された感熱性接着剤を瞬時に活性化させ、容器に貼り付けるラベリング方式。また、最近のリサイクル意識の高まりにより、容器とラベルを分別して破棄できる易剥離性の良い感熱ラベルにも対応しています。
ヒートラべラー

ホッパータイプラベラー

カット(枚葉)ラベルをホッパーにセットし、ラベリングを行なうシンプルな機構を持ち、コンパクト設計で簡易な操作性、幅広い兼用性等、多品種少量生産向きの機械です。ラベルに糊を塗付するタイプと感熱ラベルに熱を加えるタイプもあります。
ホッパータイプラベラー

オートストッカー

不具合時に充填機を停止させないで容器をストックでき、復旧後はライン制御をしながら容器を後工程へ自動的に搬送します。また、ラベリング後の容器を一時保管する際にも使用可能で、遮光性もあることから特殊製品にも対応できます。
オートストッカー

目視検査装置

充填済バイアル容器の目視検査を主としており、容器のネック部分を吊り下げ、底面部分の異物検査も可能です。また、容器背面は用途に応じて、白・黒の背面を用意し異物を検査しやすくしており、小さい容器には、斜めに容器を倒して検査する機種もあります。
目視検査装置

証紙貼機

小指1本程度の大きさで、薄い紙を使った国家検定証紙に糊を塗付して箱に貼付けます。従来機器の経験を活かした機構が取り入れられています。
証紙貼機

ネックハンガー装置

半ドーナッツ型に型抜きした枚葉ラベルをセットし、その端をホットメルトで塗付することでメガホン状に成形して、ボトルの肩に装着する機械です。
ネックハンガー装置

直線型 複合ラベラー

大量生産向きのロールラベルと、少量生産向きの枚葉ラベルを直線型で1台にした、ロール枚葉複合機です。その上流に取手付ハンディボトルなど、取手に対して定位置へのラベリングが必要な場合、ランダムな方向で流れてくるボトルの方向をラベリング前に一定方向に揃え、極小スペース、低コスト、簡単操作を実現した圧倒的な人気の光洋独自の方向規制装置です。
直線型 複合ラベラー

ターレット型ラベラー

一升瓶や酒類など、丸、四角、三角、楕円など色々な形の容器に、さまざまな容器角度や位置に何枚ものラベリングが必要な場合のラベラーで、容器がターレットを回る間のそれぞれのステーションで、それぞれの角度や位置で貼付けます。タック、糊貼の複合機もあります。
ターレット型ラベラー

シュリンクラベラー

シュリンクフィルムラベルをカットし、開いてボトルに装着するラベリング方式。開口ミスを無くす工夫、ラベル挿入時にボトルが動かない工夫、次工程で熱を加えてラベルを完全密着収縮するまでラベルが動かないよう、仮収縮や搬送に独自のさまざまな工夫がなされています。
シュリンクラベラー

ストレッチラベラー

シュリンクフィルムのように熱をかけて収縮する必要がなく、フィルムラベルのようにホットメルトなども不用で、ゴムのように伸縮するストレッチラベルを装着するラベリング方式。ペットボトルなどに充填後、容器が膨らむ炭酸などのラベリングに用いられ、シュリンクラベラー以上の装着技術が必要で、独自の機構が取り入れられています。
ストレッチラベラー
 
Copyright ©2007 KOYO Automatic Machine Co.,Ltd All Rights Reserved.