ホッパータイプラベラー

既に一定の形に切断された大量のラベルをラベルホッパー
(ラベルマガジン)に収容します。
そこからラベルを取り出して供給し、容器に貼り付ける方式です。
1968年から現在まで引き継がれている、
ラベリングマシンの基本が全て盛り込まれた、
その後のラベリングマシン発展の方向性を決定づけた機種です。

ホッパータイプラベラー

ホッパータイプラベラー・ラインナップ

LN-101C型(LNO型)
丸い容器に1点貼りを行う基本型式
LN-102C型(LFB型)
丸い容器に2点貼り(表裏貼り)を行う型式
LN-112CS型(LRW型)
S字搬送を行い偏平容器に2点貼り(表裏貼り)を行う型式
LN-121CS型(LSAK型)
丸・角系容器に両方の貼り付けが行える型式
LN-151CJ型(LK-KO型)
国家検定証紙の貼付のために開発され、1枚も無駄にしないように考慮された機構を取り入れた型式
LNT型(LT型LHT型)
ロータリー式にて1点貼りから多点貼りや、容器肩部への貼り付け等が行える型式
LH型
長いラベルの補給に便利な固定式ホッパーで吸取りドラムに
伸縮吸着ヘッドを採用した型式
お問い合わせ

簡単な操作で精度の高いラベリングを可能にした
KOYOのホッパータイプラベラー

  • 正確なラべリング
  • 高い信頼性
  • シンプルな機構
  • 広範囲な兼用性
  • 簡単な操作性

特に食品関係、製薬・化学関係の分野で、
高い評価をいただいています。

グラフ グラフ
page top